新型スープラの中古車は出回っているのか?新古車を入手する方法は?

中古

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


ここでは新型スープラの中古車についての情報を紹介したいと思います。

また、新古車とは何か?についても紹介します!

スポンサ-ドリンク

新型スープラの中古車、型落ちを狙う方法

https://autoc-one.jp/used/detail/15517507/

ここで言う型落ちとは、登録から1年経った場合などのスープラのことを言います。

新古車(未使用車)からは外れたクルマとも言えると思います。

形式は最新のスープラですが、クルマは走ってなくても年数が経つごとにさまざまな箇所が劣化していくので中古車相場では価格も下がってきます。

そこを狙うのが、すなわち型落ちということになります。

ネットで中古車サイトを覗いていると、走行距離はほとんど走っていないのに、年数が3年、5年と経過しているクルマを安価で販売しているのをよく見かけます。

これは、年数は経っていますが機関的にはほとんど何の問題もない場合がほとんどなので安心して買う事ができます。

少なくとも筆者はそう考えています。ただ、あまりに長い年数を動かしていないクルマだと購入した後に点検や慣らし運転が必要かもしれないですね。

https://images.app.goo.gl/9qMm53NXL8cdrUAT8

新型スープラの中古車については現在のところほとんどが、「応相談」となっています。

まだオーダーしても手元に届かないユーザーが多数ですから仕方ないですね。

ホンダNSXなども過去に新車が購入できないために反対に中古車の価格が上がる出来事がありましたが、新型スープラもそうみたいですね。

いち早く新型スープラを手に入れたいと希望している人が、新車価格よりも高い価格で購入しています。

現実的には将来、型落ちや低走行の新型スープラを狙うのをオススメします。

中古であれば、低走行でも車検が近い車両は安く購入できます。

車検後の3年も経てば、走行距離3万〜4万キロ以内の新型スープラも登場するハズですから、かなり価格も下がると予想します。

中古車の新型スープラはそこで決断しても遅くはないのです。

クルマとしても、まさにこれからの状態でもあります。

 

 

https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20190527-10414073-carview/5/#contents

スポンサ-ドリンク

新型スープラの中古相場はどれくらい?

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU2209386742/index.html?TRCD=200002

 

新型スープラの中古車相場はだいたい新車とほぼ同じくらいだと思います。

だいたいは応相談となっており、在庫はきわめて少ないのが現状です。

カラーは白や赤が多い印象です。

これはガンメタリックなどの人気カラーはオーナーの元へ、試乗車などの登録目的でのクルマが白や赤になるからでは?と予想しています。

中古のグレードもRZは少なく、SZかSZ-Rとなっています。

新型スープラが発売されたことで80スープラの価格が高騰するかと思いましたが、現在は比較的落ち着いています。

やはり新型の方が注目度が高いようです。

https://images.app.goo.gl/tH94qB7YuDcxqixE7

80スープラではRZなどの上位グレードは改造が施されているものがほとんどですが、下位グレードのSZやSZ-Rはフルノーマル車両も存在します。

そのほとんどがトランスミッションはATですが、走行距離の少ないものはプレミアとなっています。

果たして、この新型スープラも将来はこのようにプレミアが付くのか注目です。

走行距離の少なくて使用機会の少ない車両は、将来のEV時代を考えると高くなると予想しています。

https://toyota.jp/supra/design/?padid=from_supra_navi_design

新型スープラの中古車を狙うなら、来年以降になると思います。

発売から2年も経てば、数もそれなりに出るはずです。

車検一年残しで、走行距離3万キロ以内であれば、新車から100万円〜安くなることも考えられます。

新型スープラは世界から見ると、ミドルクラスの価格帯のクルマですが、日本では高価なクルマで、欧州のライバルも視野に入るためにクルマ選びには悩みそうな存在です。

今までのように走りの好きな人以外も乗っているクルマなので、程度の良い個体が中古車相場に出てくる可能性も十分にあります。

トヨタ86も最初は人気がありすぎて中古車が少なかったですが、しばらく経つとすぐに中古車市場にクルマが出て来ました。

同じように今は話題も尽きない新型スープラですが、少し経つとそれも落ち着き中古車市場にクルマが登場するようになります。

あっという間に、多くの中古車の中からクルマを選べるようになると予想します。

そして、SZなどのあまり人気のないグレードはかなりの安価で発売されるはずです。

そういうクルマこそ逆に狙い目で、ノーマルのまま乗ってもチューニングベースとしても最適です。

新型スープラはエンジンも素晴らしいですが、そのシャシー性能が要だと筆者は考えているので、そのような人達にとっては中古のSZグレードでも価値のある1台となっています。

もう少し分かりやすく言えば、ホンダのS660は軽自動車ですが、シャシー性能が高いために、峠の下りではフェラーリよりも速いと言われています。

話は逸れますが、ホンダS660はミッドシップレイアウト+アドバンネオバを履きこなすシャシー性能が速さの源です。

スープラも同じ考えで、スープラSZのアルミホイールを変えて、ハイグリップタイヤを装着すればかなりのポテンシャルアップが図れると思います。

そのため、中古の新型スープラでも、程度さえ気をつければハズレのグレードはないということになります。

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU2132774354/index.html?TRCD=200002

スポンサ-ドリンク

新型スープラの新古車を入手する方法は?新古車とはなに?

https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20190527-10414073-carview/1/

未使用車(新古車)のだいたいの定義は、登録しただけで年式は当年もしくは1年落ちまでのクルマです。

走行距離約100㎞程度のクルマで「登録のみで使ってないクルマ」を未使用車といいます。

中古車販売店でよく見られる未使用車はこれらのクルマです。

次期は決算次期の9月あとの10月に流通量が増えます。

当然販売店も売りたいという心理があるために、もともと新車よりも10万円〜30万円は安いですが、そこからさらに値引きしてくれる可能性もあります。

https://toyota.jp/supra/customize/original1/?padid=from_supra_parts_info_parts

新型スープラの場合は登録数を増やして販売増に繋げたいと考える車種ではないので、今回の場合は新古車が出回ることはありません。

来年になれば、ディーラー試乗車のスープラが中古として出回る可能性もありますが、注文が追いつかない状況が続けばそれもなくなります。

もし、新型スープラの新古車が出回っても価格はほとんど変わらない場合が予想され、次の車検時期までの間が短かかったり、好みのボディカラーやオプションが選べないなどのデメリットもあるため、新車を買った方がいいという場合もあります。

https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20190527-10414073-carview/4/#contents

 

新型スープラの関連記事

新型スープラのオイル交換時期やオイル量、オイル粘度の情報。交換費用は?

新型スープラのアクセサリーでおすすめは?アクセサリー電源の取り方は?

新型スープラの不具合は大丈夫か?リコール情報と合わせてご紹介!

新型スープラのオプション、パーツやナビはこれだ!

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマンを徹底比較!どっちを選ぶ?

新型スープラのボディカラーをご紹介!人気の色はこれだ!

スープラを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサ-ドリンク
 





タイトルとURLをコピーしました