新型スープラ VS ポルシェ718ケイマンを徹底比較!どっちを選ぶ?

比較

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


ここでは新型スープラとポルシェ718ケイマンを比較したいと思います!

皆さんなら、どちらを選びますか?

スポンサ-ドリンク

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマン 価格はどう違う?

https://kakaku.com/item/70101510549/

ポルシェ718ケイマンは2019年7月に装備の充実により、価格が上がりました。

2016年製のポルシェ718ケイマンのベースグレードは619万円〜となっていたのですが残念です。

そのため、価格も新型スープラと直接比較できなくなりました。

MAZDAロードスターのように、718ケイマンのベースグレードは簡素な装備でいいので、以前のような価格のケイマンを希望したいところです。

 

ポルシェ718ケイマン価格表

ベースグレード(MT、PDK)

692万円〜740万円

https://www.webcg.net/articles/gallery/35615#image-17

 

S(MT、PDK)

885万円〜933万円

https://www.webcg.net/articles/gallery/34932#image-16

 

新型スープラ価格表

SZ(8AT)

499万円

https://images.app.goo.gl/ithQ19EZbCqMYvM76

 

SZ-R(8AT)

600万円

https://images.app.goo.gl/w9y5Xgv6H79pb4dq6

 

RZ(8AT)

700万円

https://images.app.goo.gl/Pmh24LmJPJ8DpqpP6

価格を比較すると、スープラの方がずっとお得に購入できますね。

スポーツカーとしてのポテンシャルも文句無しです。

ポルシェケイマンはタイトなコックピットと車体で独特の世界観があるクルマです。

ケイマンはベースグレードでも価格は高いですが、スープラのライバルになると思います。

しかし、価格と性能を考えると新型スープラが断然オススメです。

スポンサ-ドリンク

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマン 大きさの違いはどうか

新型スープラ

https://images.app.goo.gl/ugw6CwP9N2eztKMA8

全長 4,380 mm x 全幅 1,865 mm x 全高 1,290-1,295 mm

 

ポルシェ718ケイマン

https://images.app.goo.gl/VLbnaskaNwu25Rna6

全長 4,379 mm x 全幅 1,801 mm x 全高 1,286 mm

ホイールベースはどちらも同じで2475mmとなっています。

トヨタも走りに拘ったらこの数値になったと話していました。

ポルシェの方が軽量コンパクトで俊敏性を活かした走りを楽しむ事ができます。

対して新型スープラは安定した車体にFRとは思えないほどのグリップ性能により、ロングツーリングからサーキットまでオールマイティにこなせます。

室内も新型スープラの方が明らかに広々としています。

ポルシェケイマンはいわゆる、昔の911で言われた「ポルシェを着る」感覚で、室内幅は軽自動車並みにコンパクトになっています。

その点、新型スープラは全幅が広い分広々しています。

走りを高める為の全幅でもあるのですが、長距離を移動するときには、この広さが重宝すると思います。

どちらも一長一短がありますが、それがクルマのキャラクターになっています。

https://images.app.goo.gl/GtE4ERbQLi8cupYj9

スポンサ-ドリンク

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマン 燃費等のスペックはどう違う?

新型スープラ

https://images.app.goo.gl/qnrNrQQEJSBMYVSRA

【トヨタ・スープラRZ スペック】

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4380×1865×1290mm

ホイールベース:2470mm

車重:1520kg

駆動方式:FR

エンジン:3リッター直6 ターボ

トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5000rpm

最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1600-4500rpm

タイヤ:(F)255/35ZR19(R)275/35ZR19 (ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)

燃費:12.2km/L(WLTCモード)/価格:690万円

実燃費(参考値):8.5km/L

最高速度:250km/h以上(リミッター作動)

0-100km/h加速タイム:4.8秒

 

ポルシェ・ケイマン

https://images.app.goo.gl/1F4wEbrfJnfKZ4gg8

【ポルシェ・ケイマン スペック】

ポルシェ718ケイマン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4379×1801×1295mm

ホイールベース:2475mm

車重:1335kg

駆動方式:MR

エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ

トランスミッション:6段MT

最高出力:300ps(220kW)/6500rpm

最大トルク:38.8kgm(380Nm)/1950-4500rpm

タイヤ:(F)235/40ZR19 92Y/(R)265/40ZR19 98Y(ピレリPゼロ)

燃費:約13.5km/L(欧州複合モード)

価格:692万円

実燃費(参考値):9.1km/L

最高速度:275km/h

0-100km/h加速タイム:MT仕様5.1秒、PDK(AT)仕様4.9秒

 

https://genroq.jp/2019/05/23423/

0-100km/h加速タイムで見ると300馬力のケイマンと340馬力の新型スープラRZは同じくらいですが、新型スープラの実測馬力はさらに高いと噂されていますので、実際はもっと速いと思います。

実際のサーキットタイムでもR35GT-Rの2秒落ちで走ったという記録があり、新型スープラは相当なポテンシャルを秘めています。

燃費に関しては3Lエンジンの新型スープラの方が多少は悪いですが、どちらもハイオク指定でそれほど燃費は期待できません。

エンジンサウンドの方はポルシェケイマンは従来の水平対向6気筒エンジンから直列4気筒のダウンサイジングターボに変更された為に、サウンド面での迫力がなくなりました。

それに対して、新型スープラは伝統のBMW直列6気筒エンジンにトヨタがチューニングしたもので、迫力のあるサウンドを奏でます。

トランスミッションはポルシェケイマンがデュアルクラッチ・トランスミッションのPDKを備えるのに対して、新型スープラは8ATが搭載されています。

スポーツカーとしては、機能面で劣ると言われるATですが、RZのみ専用のソフトウェアを搭載しシフトスケジュールがよりスポーティなものへと変更されています。

かなり似たスペックのこの2台、価格も2万円しか違わないので新型スープラのコストパフォーマンスが光ります。

https://genroq.jp/2019/05/23423/

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマン 比較のまとめ

https://genroq.jp/2019/05/23423/

新型スープラはスポーツカーの基準とも言えるポルシェケイマンと互角の性能を備えたスポーツカーであることが分かりました。

かつては憧れだったポルシェに今では性能面で並ぶようになりました。

しかも、作ったのがホンダでも日産でもなくてトヨタというのも驚きです。

これは、トヨタ社長のリーダーシップによる所が大きいのだと思います。

世間では、利益優先と言われてしまうトヨタであっても、走る喜びを提供したいというトヨタ社長の願いがこうしたスポーツカーを生み出したのだと思います。

https://genroq.jp/2019/05/23423/

新型スープラの関連記事

新型スープラのオイル交換時期やオイル量、オイル粘度の情報。交換費用は?

新型スープラのアクセサリーでおすすめは?アクセサリー電源の取り方は?

新型スープラの不具合は大丈夫か?リコール情報と合わせてご紹介!

新型スープラのオプション、パーツやナビはこれだ!

新型スープラのボディカラーをご紹介!人気の色はこれだ!

スープラを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサ-ドリンク
 





タイトルとURLをコピーしました