新型スープラの試乗評価は良い?悪い?試乗するときのポイントは?

新型

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


新型スープラの試乗評価を紹介したいと思います。

また、試乗するときのポイントなども紹介します。

スポンサ-ドリンク

新型スープラの試乗レポートや口コミをまとめてみた

https://www.webcg.net/articles/-/40985

トヨタの研究開発施設「トヨタテクニカルセンター下山」試乗レポート

 

愛知県豊田市にほど近い山中に建設中の「トヨタテクニカルセンター下山」https://kokomap.com/archives/3644

トヨタは愛知県の豊田市と岡崎市とをまたぐ山林部に、敷地面積が約650ヘクタール(=650万平方メートル)東京ドーム140個相当のテストコースを建設しています。

これが、トヨタが2023年の全面稼働を目指す下山テクニカルセンターです。

ドイツ・ニュルブルクリンクと同じ考え方でつくられたカントリーコースで、自然の地形を活かした、高低差70mで全長5.3㎞のコースはクルマにも人にも非常に厳しいテストコースになっています。

https://www.webcg.net/articles/gallery/40985#image-2

スープラSZ-Rはスープラのグレードの中でも一番バランスが良いと評判です。

その理由は上位グレードと同じシャシーにパワーアップしたB48エンジンを搭載しているからで、4気筒エンジンのSZ-RはRZの6気筒モデルよりも明らかに鼻先が軽くコーナリングも自由自在との評価です。

車両重量配分もほぼ50:50で最もBMWに近いスープラかもしれませんね。

そしてどのグレードでも、ジャンピングスポットや急な下りながらのコーナーなどのクルマをイジメ付けるような道でも、ボディがミシリとも言わないと評判です。

それだけボディ剛性が高い証拠ですね。これだけのコースだと、さすがに一番下のグレードのSZだと、パワーとタイヤ幅などに限界があるので、上の二つのグレードがオススメとのことです。

価格は高いですが、はやりこの2グレードが良さそうですね。

ただ、この新型スープラは開発主査の多田さんも言っていますが、トヨタ86からステップアップするクルマでドライバーにもそれ相当の腕が問われるとのこと。

新型スープラのリアのグリップ感は安定していますが、思い切ってコーナーを攻めるとデフを搭載したSZ-Rでもオーバーステアでいきなりズルッとスピンする場面もあるほどです。

これは、今までのトヨタのスポーツカーを考えるとかなり思い切ったセッティングのように思います。

大人しく乗っていれば、快適で速いスポーツカーですが、本気でコーナーを攻めるとそのようなスープラの本質が顔を出します。

トヨタ86のように気軽に飛ばすクルマとは一味違いそうです。

しかし、オーナーにとっては、たとえ全て使いこなせないとしても、そんなポテンシャルを持つクルマを所有することに満足感を覚えるのだと思います。

https://toyota.jp/supra/

スポンサ-ドリンク

スープラの試乗評価はどう?良い?悪い?

https://www.autocar.jp/firstdrives/2019/05/29/374175/ー

一般的なドライバーの口コミや試乗評価も見てみました。

やっぱり加速性能がハンパないという意見が多いですね。

あとは、乗り心地が固いのでサーキット向きという意見もありました。

これは、普段快適なセダンやミニバンに乗っている人だと固いと感じるかもしれません。

トヨタ86や他社のスポーツカーに乗っている人なら、そこまで固い乗り味ではないのですが、そこは主観によって変わってくると思います。

ここでのオーナーはそのように固いとハッキリと言っていました。

音はBMW Z4よりも迫力のある音で皆さん気に入っているようでした。

これはある意味分かりやすい長所でもありますし、せっかくスポーツカーを買うのですから、そのくらいの演出は歓迎ですね。

その方は新型NSXやR35GT-Rよりも楽しいと言って契約していました。

新型NSXもR35GT-Rもどちらも4WDでコンピューター制御された走りに対して、スープラは素の昔ながらのFRなので、楽しいと評価したのだと思います。

https://www.webcg.net/articles/gallery/41305#image-17

一方のプロの試乗評価は「ミッドシップにはない魅力」と評価していました。

ミッドシップというのは、仮想ライバルであるポルシェケイマンやボクスターのことですね。

古典的なパワースライドやFRならではの、ゆったりとした運転や飛ばす運転の両方にも対応できるクルマと評しています。

ポルシェケイマンなどのミドシップ+DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の切れ味には敵いませんが、高速安定性や普段使いの点については新型スープラの方がいいと言うことです。

「MAZDA RX-8や日産Zよりも良いクルマで、同じ位の価格なら迷う事はなかっただろう」との意見もありました。

つまり新型スープラは最新の技術で作られていますが、最新の他社のような切れ味のある走りとは別な方向で作られた「古典的FR」スポーツカーということです。

海外では、日本の評論家のような大袈裟な表現ではなく、あくまで冷静に普段使いのいいFRスポーツカーという位置づけのようです。

確かに、ミドッシプスポーツカーの本格的な走りを体感してしまうと、新型スープラであっても、そのような評価になるのだと思います。

https://gazoo.com/news/r325218.html

スポンサ-ドリンク

新型スープラを試乗するときのポイントは?チェックすべき点はココ!

https://www.webcg.net/articles/gallery/41305

トヨタの凄腕実験ドライバーの矢吹 久さんも、「あまり飛ばさずにコースに沿って運転するとクルマごとの特性がよくわかりますよ。」とテストコースでの試乗でおっしゃっていました。

これは公道にも当てはまる話だと思いました。

試乗で道路に出る際の段差の乗り越え方や、スムーズに発進したときのステアリングの感触やアクセル、ブレーキの感覚を味わってクルマの特性を掴むような試乗を心がけるといいと思います。

コーナーもゆっくりとスムーズに回ると4気筒と6気筒エンジンの違いが分かりますし、コーナーでの振る舞いの違いも分かります。

そのようにリラックスして運転していると、内装をゆっくり観察する余裕も生まれるので、担当者にいろいろと質問をしたりすると良いと思います。

 

センターコンソールのモード切り替えスイッチで、「ノーマル」と「スポーツ」を選択できます。試乗の時にはぜひ試してみたい。https://www.webcg.net/articles/gallery/41305#image-15

ここの部品はチェックしておいた方がいい、などのピンポインでのチェックよりもクルマとしての全体を見極めるような心構えで試乗に望むのがポイントです。

いろいろなスポーツカーを乗り継いできた方は、シートに座って市街地を周回すれば、シートの座り心地やドライブした感覚である程度どんなクルマか分かると思います。

あとは乗り心地がスポーツカーにしては堅いのか快適なのかチェックしておいた方がいいですね。

最近のクルマなので乗る前から乗り心地がいいのは分かりきっていますが、他社のスポーツカーと比べてどうか?などを頭に入れておくといいでしょう。

新型スープラで特徴的なサイドウィンドウの小ささからくる、横や後方の視界の悪さも見ておいた方がいいですね。

しかし、これはロータスやポルシェなどと同じでピュアスポーツカーの宿命でもあるので、ある程度は仕方ないと割り切る必要があります。

https://toyota.jp/supra/design/?padid=from_supra_navi_design

新型スープラの関連記事

新型スープラのオイル交換時期やオイル量、オイル粘度の情報。交換費用は?

新型スープラのアクセサリーでおすすめは?アクセサリー電源の取り方は?

新型スープラの不具合は大丈夫か?リコール情報と合わせてご紹介!

新型スープラのオプション、パーツやナビはこれだ!

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマンを徹底比較!どっちを選ぶ?

新型スープラのボディカラーをご紹介!人気の色はこれだ!

スープラを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサ-ドリンク
 





タイトルとURLをコピーしました