新型スープラ VS BMW Z4を徹底比較!どっちを選ぶ?

比較

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


ここでは新型スープラとBMW Z4を比較してみたいと思います。

同じエンジンとシャシーのこの2車はどちらを選べばいいのか考えてみたいと思います!

スポンサ-ドリンク

新型スープラ VS BMW Z4 価格はどう違う?

ここでは、新型トヨタ スープラとBMW Z4の価格を見てみたいと思います。

BMW Z4価格表

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-roadster-inspire.html

 

Z4 sDrive20i 8速スポーツAT2ドア右¥5,770,000

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-roadster-inspire.html

 

Z4 sDrive20i Sport8速スポーツAT2ドア右¥6,270,000

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-roadster-inspire.html

 

Z4 sDrive20i M Sport8速スポーツAT2ドア右¥6,780,000

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-roadster-inspire.html

 

Z4 M40i 8速スポーツAT2ドア右¥8,510,000

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-roadster-inspire.html

新型スープラ 価格表

 

スープラ SZ ¥4,990,741

https://toyota.jp/supra/grade/grade3/?padid=from_supra_grade_grade3_thumb

スープラ SZ-R ¥6,009,259

https://toyota.jp/supra/grade/grade2/?padid=from_supra_grade_grade2_thumb

 

スープラ RZ ¥7,027,778

https://toyota.jp/supra/grade/grade1/?padid=from_supra_grade_grade1_thumb

トップグレードのスープラRZとBMW M40iはエンジンスペックもホイールサイズも同じですが、価格には150万円の開きがあります。

スープラはサーキットも本気で走れるピュアスポーツでかたやBMWはオープンスポーツなので、クルマの性格は違いますがスープラはかなりお得と言えそうです。

ただ、細かい所で見て行くとBMWは内装の質感も高く、ブレーキもMスポーツブレーキの採用でスープラよりも性能は良さそうです。

ブレーキは過剰なスポーツ性は必要のないオープンカーであってもBMWのクルマとしては妥協の出来ない部分でもあるのでしょう。

「駆け抜ける喜び」をスローガンにするBMWは変わらず前後重量配分50:50として運転する楽しみを追求しています。

公道では誰かと競うわけではないので、走る喜びが最も大切でBMWは特に主張せずとも、エンジンやシャシーや全てにおいて、その点を重視して作られています。

たまたま直6エンジンを製造していたのが、BMWだけで、そんなBMWと手を組んだからこそ、スープラは良いクルマになりました。

本家を超える速さを持つスープラか、大人の余裕を見せるエレガントなオープンスポーツにするのか迷いますね。

かといって、BMWが決して遅いわけではなくて、エンジンを回せばスープラRZ並みの加速を披露します。

BMW Z4は普段はエレガントでも、スポーツモードにすると性格が急変する二面性も持っています。

価格面では全てのグレードでスープラの方が割安で性能を考えるとお得です。

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-roadster-inspire.html

 

スポンサ-ドリンク

新型スープラ VS BMW Z4 大きさの違いはどうか

新型スープラ ボディサイズ

https://toyota.jp/supra/grade/grade1/?padid=from_supra_grade_grade1_thumb

全長×全幅×全高(社内測定値) 4,380×1,865×1,290mm 4,380×1,865×1,295mm(SZ)
ホイールベース 2,470mm
FRトレッド 1,594mm 1,609mm(SZ)
RRトレッド 1,589mm 1,616mm(SZ)

 

BMW Z4 ボディサイズ

https://www.autocar.jp/firstdrives/2019/03/21/358634/

寸法・定員
全長x全幅x全高(mm) 4,335×1,865×1,305
ホイールベース(mm) 2,470
トランク・ルーム容量(リットル) 281
定員(名) 2

BMW Z4の方が全長が3センチ近く短くてコンパクトな車体になっていて、見た目にも短く見えます。

新型スープラは典型的なロングノーズ・ショートデッキのFRスタイルになっています。

全長以外はホイールベースも含めてすべて同じサイズになっています。

オープンであるBMW Z4の方が高速域になると不利になると思いますが、それを感じさせないほどに新型は走り仕様となっています。

デザインの違いはいかにも日本とドイツと言った感じですね。

カッチリとしたVWゴルフのようなデザインが好みの人はBMWの方を選ぶと思います。

スープラはカスタムの自由度が高いデザインだと個人的には思うので、いくらでもカッコ良くできそうです。

 

スポンサ-ドリンク

新型スープラ VS BMW Z4 燃費等のスペックはどう違う?

BMW Z4

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-roadster-inform.html

  • BMW Z4 M40iは、3ℓの直列6気筒ツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載しています。
  • 最高出力250kW(340ps)と最大トルク500Nmを発生し、このM Performanceモデルに極めてスポーティなパフォーマンスを与えています。
  • 0km-100km加速は、わずか4.5秒です。さらにM スポーツ・エキゾースト・システムが、エキゾースト・テールパイプ内に設けられたフラップを開閉して、エンジン・サウンドを走行モードに合わせて調整します。
  • M スポーツ・ディファレンシャル
  • 8 速スポーツ・オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)

BMW Z4のMスポーツ・エキゾースト・システムの音は動画で聞きましたが、素晴らしいですね。

とてもいい音で新型スープラより上だと思いました。

新型スープラとBMW Z4の速さの要はこの8速ATだと思います。

もはやMTでは、速さにおいては到底敵いません。

  • アダプティブ M サスペンション
  • バリアブル・スポーツ・ステアリング
  • Mロゴ付ブルーのブレーキ・キャリパーを備えたM スポーツ・ブレーキ

サスペンションやブレーキはBMWの方が妥協していないイメージがあります。

オープンであろうと、走りと安全には力を入れているのがBMWというメーカーだからです。

実際にBMWと全く同じサスペンションとブレーキが新型スープラにも搭載されているのかは不明です。

https://images.app.goo.gl/bbhYkwQebhkN4wwt6

寸法・定員
全長x全幅x全高(mm) 4,335×1,865×1,305
ホイールベース(mm) 2,470
トランク・ルーム容量(リットル) 281
定員(名) 2
エンジン
型式 B58B30C
種類 直列6気筒DOHCガソリン
総排気量(cc) 2,997
最高出力(kW 〔ps〕 / rpm (EEC)) 250〔340〕/5,000
最大トルク(Nm 〔kgm〕 / rpm (EEC)) 500〔51.0〕/1,600-4,500
圧縮比:1
燃費消費率
燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値)(km/ℓ)*1 13.2
燃料消費率WLTCモード(国土交通省審査値)(km/ℓ)*2 12.2
市街地モード:8.4
郊外モード:12.6
高速道路モード:14.8
平成27年度燃費基準 達成
2020年度燃費基準
平成30年度燃費基準 達成
駆動方式/トランスミッション/タイヤ/ホイール
駆動方式 後輪駆動
トランスミッション 電子油圧制御式8速AT
タイヤ (フロント)255/35ZR19

(リヤ)275/35ZR19

新型スープラ

https://images.app.goo.gl/NiW5rkrRL1i1WDv19

グレード
RZ
車両型式
3BA-DB42-ZRRW
車両重量1,520kg 車両総重量1,630kg
WLTCモードkm/L 12.2 市街地モードkm/L 8.3
郊外モードkm/L 12.9 高速道路モードkm/L 14.7
主要燃費改善対策
直噴エンジン、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、アイドリングストップ装置
最小回転半径m
5.2
型式
B58
総排気量L
2.997
種類
直列6気筒
使用燃料
無鉛プレミアムガソリン
内径×行程 82.0×94.6mm
最高出力〈ネット〉kW [PS]/r.p.m.
250[340]/5,000
最大トルク〈ネット〉N・m [kgf・m]
/r.p.m.
500[51.0]/1,600〜4,500
燃料供給装置
電子制御式燃料噴射装置
燃料タンク容量 52L
全長4,380mm×全幅1,865mm×全高1,290mm
ホイールベース 2,470mm
フロント1,595mm リヤ1,590mm
最低地上高(社内測定値)112mm
乗車定員名 2名
どちらも最上級グレードはエンジンパワーや燃費は同一になっています。
その他のスペックもBMWは右ハンドルになっており、オープンスポーツか2シータークーペという外観の違いが最大の違いです。
スバルのBRZとトヨタ86のコラボに似ていて、86もメーカーごとにこだわりのチューンが施されています。
買い物からサーキットまでオールマイティに使いたいなら、新型スープラがオススメです。

新型スープラ VS BMW Z4 比較のまとめ

https://images.app.goo.gl/DEmSCs63KjM1cFT8A

新型スープラとBMW Z4を詳しく見てきましたが、各社のホームページを見てもトヨタは日本らしい「おもてなし」を感じ、ドイツのBMWは華やかさと質実剛健なエンジニアリングを強調したものになっていました。

BMWのページはクルマに詳しい人でないと分かりにくいかもしれないと思いました。

しかし、BMWは何も知らない人でも乗ればすぐにその違いを感じ取れると聞きます。

そこには、素人もプロも関係のない喜びが存在するのだと思います。

そこがBMWの懐の広さで、これはZ4のようなスポーツカーから3シリーズのようなセダンまで全て同じ思想で作られています。

クルマとしての楽しさは、BMWに一日の長があるかもしれませんね。

元日産の水野和敏氏も「ヨーロッパのクルマはスペックだけでは語れないものがある」と著書に書いてありました。

対して、スープラはトヨタ流の「カイゼン」を施したクルマで、性能的にはBMW Z4を上回ります。

そして、トヨタらしく使いやすいスポーツカーでもあり、クローズドボディのために日常使いでも不満がありません。

まさに、トヨタらしいスポーツカーに仕上がっています。

ただ、新型スープラは今までのトヨタ車とは違うのは明らかで、サイドシルの太さや乗り降りの不便さは前例がありません。

日本車として、このような本格スポーツカーを発売したトヨタはすごいと思います。

https://images.app.goo.gl/3kuVbc7sCjS5YMFY8

新型スープラの関連記事

新型スープラのオイル交換時期やオイル量、オイル粘度の情報。交換費用は?

新型スープラのアクセサリーでおすすめは?アクセサリー電源の取り方は?

新型スープラの不具合は大丈夫か?リコール情報と合わせてご紹介!

新型スープラのオプション、パーツやナビはこれだ!

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマンを徹底比較!どっちを選ぶ?

新型スープラのボディカラーをご紹介!人気の色はこれだ!

スープラを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサ-ドリンク
 





タイトルとURLをコピーしました