新型スープラの安全性は高い!自動ブレーキの設定やサポカーについて

新型

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


新型スープラはそのボディ骨格や、安全装備でとても高い安全性を実現しています。

そのあたりの説明と自動ブレーキやサポカーについても紹介します!

スポンサ-ドリンク

新型スープラは運転しやすい?運転しにくい?口コミ情報ある?

https://images.app.goo.gl/nowyN2CJBkqqt5oc7

スープラはとても運転のしやすい車でした。

ただ、乗り心地はスポーツカーらしくやや固いという口コミが多かったです。

あと2リッターモデルでもパワーは必要十分で気づいたらすごいスピードがでているとのことです。

公道で乗る分には2リッターで十分、という意見が多かったです。

やはり、3リッターモデルはサーキット走行をする人向けですかね。

 

見切りの悪さを指摘する口コミも多かったです。

この手の2シータースポーツなので仕方がないですね。

寧ろ後ろは見えなくてもいいのではないでしょうか。

左右のサイドミラーや先進の安全装備が装着してあるので、車線変更時の危険な場合にはブザーやステアリング操作の介入が入りますので問題ないと思います。

アメリカくらいおおらかな国だとバックミラーを見ない地域もあるらしいですよ(南部とかののどかな地域だとは思いますが)。

なんにせよ、このような本格的なスポーツカーで思い切り飛ばせそうなのは欧米ですね。

日本だと道が狭すぎたり、信号も多くて思うように走れなそうです。

https://images.app.goo.gl/2TrbxEEUAeK3wa8J8

ヨーロッパの郊外の道は一般道でも時速100km/h制限とかは普通なので、そのようなカントリーロードを新型スープラで飛ばしたら、景色も良くて最高だと思います。

そのような飛ばせる環境がある地域の車でもあると思います。

そうなると、日本での新型スープラはコレクターアイテムというかチューニングベースにしたり、車いじりを楽しむ人が多く購入するのではないでしょうか。

普通のサラリーマンが欧米で気軽に移動の足に使うようなイメージは日本ではあまり持ちにくいのも事実です。

このあたりは交通環境も違うので仕方ないと思いますが、そうなると日本でのベストの新型スープラは2リッターモデルかもしれません。

公道でもサーキットでも十分に楽しめそうで、日常使いもバッチリです。乗り心地や運転のしやすさもあります。

https://www.gqjapan.jp/car/news/20180827/2018-goodwood-festival-of-speed-report-vol2

スポンサ-ドリンク

新型スープラの安全性は高い!自動ブレーキ等の設定はどうなっている?

新型スープラにはサポカーSが搭載ついてくるので、全車自動ブレーキが標準装備されています。

衝突回避を支援し、万一の時の被害軽減に貢献する自動ブレーキ

「プリクラッシュセーフティ

(歩行者[昼]・自転車運転者[昼]検知機能付

衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」

 

https://toyota.jp/supra/safety/?padid=from_supra_navi_safety

前方の車両、歩行者、自転車運転者などをミリ波レーダーと単眼カメラで検出します。衝突の可能性があると、警報ブザーディスプレイ表示で衝突の可能性をドライバーに知らせます。

そして、

ブレーキを踏めた場合

ブレーキを踏む力を強力にアシストしてくれます

ブレーキを踏めなかった場合

自動ブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

ブレーキを踏めた場合と踏めなかった場合の両方に対応しているので、ドライバーとしては安心ですね。

衝突と車が判断するのはどの程度なのかは分かりませんが、ブレーキアシストは人間の力ではどうしようもない自体にも対応してくるのは間違いなさそうです。

スープラには全車標準装備なのも有り難いですね。

最新のスープラだけあって、先進の安全装備も万全です。

これなら思い切りドライブを楽しめそうですね。

他でも紹介していますが、新型スープラにはこの他にも先進の安全装備が装備されています。

https://www.webcg.net/articles/gallery/40152

スポンサ-ドリンク

新型スープラ、サポカーの種類は?種類で異なるサポカーの定義

https://www.webcg.net/articles/gallery/40152

セーフティ・サポートカー

セーフティ・サポートカーS<ワイド>https://toyota.jp/supra/safety/?padid=from_supra_navi_safety

新型スープラは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。一番、最上位のサポカーになります。

※全てのグレードのスープラに搭載できます。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものになります。

ここでは、主なサポカーSの機能を紹介します!

Toyota Supra Safety

https://toyota.jp/supra/safety/?padid=from_supra_navi_safety

 

自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)

衝突回避を支援し、万一の時の被害軽減に貢献する。

プリクラッシュセーフティ ミリ波レーダー+単眼カメラ方式

前方の車両や歩行者、そして自転車運転者などをミリ波レーダーと単眼カメラで検出します。

警報ブザーとディスプレイでの表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシストブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させて衝突回避または被害軽減をサポートします。

いくら上手いドライバーでも急な前車の事故には対応できない場面も出て来ます。

そういう時に、このプリクラッシュセーフティは役立ちます。

ブレーキを踏めた場合と踏めなかった場合の両方に対応しているのは、歩行者を必ず守りたいという強い意志を感じます。

最新のスポーツカーと言えども、やっぱりこのような機能があるなら、ぜひ付けたい装備ですね。

レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)

https://toyota.jp/supra/safety/?padid=from_supra_navi_safety

道路上の車線を単眼カメラで認識して、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合に、ステアリングの振動で注意喚起します。

さらに電動パワーステアリングを制御し、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

 

車線逸脱防止機能は便利ですね。反面、ウィンカーを出し忘れや車線をはみ出しそうになる時にステアリングが振動するのは場合によっては、必要ないとも思えますが、居眠り時のふらつき運転などには役に立ちそうですね。

両方ともすごい機能だと思います。

 

他にも、ペダル踏み間違い時加速抑制装置先進ライトなど、新型スープラのサポカーSは全ての先進安全機能を備えています。

他にも、スープラは独自の安全機能を多数搭載しています(ポップアップフードや視認性の良いフロントとリアのLEDランプなど)。

新型スープラはこれらの安全運転を支援する装置を搭載して、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。

https://www.webcg.net/articles/gallery/40152

新型スープラの関連記事

新型スープラのオイル交換時期やオイル量、オイル粘度の情報。交換費用は?

新型スープラのアクセサリーでおすすめは?アクセサリー電源の取り方は?

新型スープラの不具合は大丈夫か?リコール情報と合わせてご紹介!

新型スープラのオプション、パーツやナビはこれだ!

新型スープラ VS ポルシェ718ケイマンを徹底比較!どっちを選ぶ?

新型スープラのボディカラーをご紹介!人気の色はこれだ!

スープラを値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマの買い取りサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマの買い取りサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは40万円の下取りが、
買い取り業者では116万円になることも
多々あるのです。

クルマの買い取りサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!


スポンサ-ドリンク
 





タイトルとURLをコピーしました